スタディツアー

スタディツアー

586_L1

2013年JRCCミャンマースタディツアー
(8月23日(金)~29日(木)
先ずは、ヤンゴンにある『ハウスオブメモリーズ』にて、ウエルカムディナー。

587_L1

『ハウスオブメモリーズ』の外観

588_L1

アウンサン将軍の元オフィス。
『ハウスオブメモリーズ』の2階奥にありました。


589_L1

(2日目)早朝、これに乗って、ヤンゴン → バガン へ移動です。

590_L1

バガンの空港

591_L1

ニャンウーマーケットで出会った人達


592_L1

ニャンウーマーケットで出会った
暑さ対策の『タナカ』を塗った女の子

593_L1

ニャンウーマーケット
ここで、巻きスカート『ロンジー』を作っていただいたり、参拝用に草履を購入。

594_L1

『タナカ』体験!


595_L1

シュエジゴンパゴダ

596_L1

シュエジゴンパゴダ

597_L1

シュエジゴンパゴダ


598_L1

シュエジゴンパゴダ

599_L1

アーナンダ寺院

600_L1

バガン宿泊先のティリピセヤ・サンクチュアリ・リゾート前の景色


601_L1

ティリピセヤ・サンクチュアリ・リゾートにチェックイン中

603_L1

シュエサンドーパゴダに登りました。
登るのも怖かったけれど、下りるのはもっともっと怖かったです。

602_L1

シュエサンドーパゴダの上から眺めた
『ダマヤンジー寺院』


604_L1

シュエサンドーパゴダの上から眺めた夕景

605_L1

シュエサンドーパゴダの上から眺めた夕陽

606_L1

とっても綺麗でした!


607_L1

『ブラックローズ』というレストランで夕食。写真は怪しくなってしまいましたが、とても美味しいミャンマー料理をいただきました。

608_L1

(3日目)リゾートでの朝食風景(テラス派)

609_L1

リゾートでの朝食風景(テラス派)


610_L1

リゾートでの朝食風景(屋内派)

611_L1

バガン → マンダレー へ移動。
飛行機で30分程度でした。
そのまま、古都アマラプラ観光。

612_L1

たこ焼き?


613_L1

『モン・リンマヤー』と言うそうです。
うずら卵を焼いたお菓子で、美味しかったです!

614_L1

アマラプラの東の郊外にある、タウンタマン湖をまたいで架かる全長1.2kmの『ウーベイン橋』

615_L1

マハーガンダーヨン僧院の学僧たちの托鉢風景


616_L1

マハーガンダーヨン僧院の学僧たちの食事を用意するボランティアの方々

617_L1

マハムニ・パゴダ

618_L1

マハムニ仏さまに金箔を貼り付けながら撫で、熱心に祈りを捧げる参拝者たち。この中には男性しか入れません!


619_L1

川沿いにある『ミャナンダー』にて、ミャンマー料理のランチタイム。

620_L1

風通しが良く、心地良いレストランで、とっても美味でした!!

621_L1

シュエナンドー僧院
王朝時代の優れた木彫技術が施された、貴重な木造建築物でした。


622_L1

クドードォパゴダ
美しい白亜の仏塔が並び立つ寺院。
素晴らしかったです!

623_L1

『スター・フラワー』という樹になるお花。とっても綺麗!これを忍ばせてプロポーズすると、上手くいくらしいです。帰国後に知りました。 ああ、、

624_L1

『スター・フラワー』を束ねて、お供え用として売っていました。持っているのは、ガイドのキン・モ・モ・イさん。


625_L1

『スター・フラワー』を売りに来た、可愛い女の子。
頬につけた『タナカ』もお洒落!!

626_L1

『マンダレーヒル』に登りましたが、大雨で夕景は拝めませんでした。けれど、外国人観光客に話しかけて語学を学ぼうとする現地の大学生たちに囲まれて、とても楽しいひとときでした。

627_L1

現地の学生たちは、それぞれ得意とする外国語(英語やタイ語など)を使って、意欲的に話しかけてきます。
みんな、瞳がキラキラしていました。


628_L1

『マンダレーヒル』の上で、現地大学生のみなさんと一緒に記念撮影

629_L1

(4日目)マンダレーにある
『パンドゥウー僧侶学校』を訪問。

630_L1

『パンドゥウー僧侶学校』にてごあいさつと、お話を伺いました。


631_L1

持参した寄贈Tシャツの中から、自分に合うサイズの物を探して試着のようす。

632_L1

選んだTシャツを着て見せてくれた高校生たち

633_L1

寄贈Tシャツを着て見せてくれた子供たちと一緒に記念撮影


634_L1

駆け寄って来た可愛い小学生の子供たち。

635_L1

こんなに小さくても、覚えたての英語を使って、みんな必死で話しかけて来ます。
「英語が出来ないと仕事には就けない。」
と、教えられているそうです。

636_L1

尼さんの修業をする学生たち


637_L1

午後からは、『サレイ僧侶学校』を訪問。

638_L1

寄贈Tシャツの配布に講堂に集まってくれた子供たち

639_L1

着て見せてくれた少年たち


640_L1

着て見せてくれた子供たち

641_L1

集団下校に集まった子供たち

642_L1

下校中の元気な女の子


643_L1

繊維工場を見学

644_L1

繊維工場で働く女性

645_L1

(5日目)マンダレー → ヤンゴン へ。
飛行時間約55分。


646_L1

『YKKOジャンクション8店』でランチ。
風通しの良い2階フロア。

647_L1

ミャンマー麺をいただきました。
美味しかったです!

648_L1

ヤンゴンの学校を訪問。


649_L1

Tシャツ寄贈の準備中です。

650_L1

一人ずつサイズを見ながら、

651_L1

試着していきます。


652_L1

寄贈Tシャツを着て

653_L1

スマイルっ!!

654_L1

子供たちは無邪気です。
素敵な笑顔にたくさん出会えました!


655_L1

授業教室のようす

656_L1

授業教室のようす

657_L1

次は、ヤンゴンの僧侶学校を訪問。


658_L1

お坊様から、こちらの学校についてなどのお話を伺いました。

659_L1

寄贈したベール梱包の衣料品を前に、記念撮影。
この中に、日本全国の皆様方から寄せられた衣料品が詰まっています。

660_L1

写真の為に、お気遣いいただきました。
ありがとうございます!


661_L1

衣料配布の為に集まってくださった学校関係者の皆様方と。

662_L1

修業中の子供たち

663_L1

夕食はこちらの『ラ・メゾン』というレストランで、高級ミャンマー料理をいただきました。


664_L1

(6日目)現地最終日。
ミャンマー最大の聖地、『シュエダゴン・パゴダ』へ。白いお花はお供え用。だから、匂いを嗅いではダメダメです!!

665_L1

『シュエダゴン・パゴダ』
生れた曜日ごとに、お参りする場所が違います。

666_L1

『シュエダゴン・パゴダ』


667_L1

『シュエダゴン・パゴダ』
こんな風にお花をお供えし、決められた順にお水をかけてお祈りします。

668_L1

移動バスの車窓から見た、カラフルな建物。マンションかな?

669_L1

『チャウタッジー・パゴダ』の涅槃像。
全長70メートル、高さ17メートル。
美しい男性です!


670_L1

『チャウタッジー・パゴダ』の涅槃像の足には、ピンクのペディキュア?
お洒落です!